FC2ブログ

プロフィール

gakuji's fellow

Author:gakuji's fellow
日本の子どもたちの健やかな成長を願う口腔保健の専門家の集いです。
Boss:伊藤学而(鹿児島大学名誉教授)
fellow:坂下玲子(兵庫県立大学教授)
fellow:土持正(土持矯正歯科医院院長)
fellow:金俊煕(きむ矯正歯科クリニック院長) 
fellow:小椋幹記(大分岡病院マキシロフェイシャルユニット
fellow:四元みか(よつもと矯正歯科院長)

最新トラックバック

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 食事中の水~金先生に続け   by四元

かつて(高度経済成長期前)の日本の食文化には、食事中に水を飲む習慣は無かったそうです。


(いや、私は生まれてないので聞いた話ですが...笑)


躾の厳しい家庭ほど、食事中に水を飲むのは行儀が悪いとされていたのだそうです。



そして多くの一般家庭では、食事が終わって空になったご飯茶碗に急須でお茶を注いでいました。
(「子どもの頃見た事、あるある!」という40代は多いはず。)

そこで初めて「ごちそう様」と温かいお茶を飲んでいたのですね。



ところが今や「お茶」と言えば冷蔵庫の中にペットボトルで保管されていて、
食事中にがぶがぶ飲むのが常と化しています。


ドロドロの離乳食を食べる赤ちゃんにさえ、「赤ちゃん麦茶」だのなんだの飲ませながら食べさせています。




このお話を聞いたある若い栄養士さんがこんな話をしてくれました。


...私は小さいころかなりのおばあちゃん子で、食事の躾もおばあちゃんにしてもらいました。

食事中に私が水を欲しがると、


「だれ馬(鹿児島弁でダメな馬)水食らうと言うんだよ。だれ馬になりたくなかったら(食事の)後で飲まんか。」

と言われたものでした。今思い出しました...と。



もしかしたら各地にもそういう言い伝えがあるのかもしれませんね
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。