FC2ブログ

プロフィール

gakuji's fellow

Author:gakuji's fellow
日本の子どもたちの健やかな成長を願う口腔保健の専門家の集いです。
Boss:伊藤学而(鹿児島大学名誉教授)
fellow:坂下玲子(兵庫県立大学教授)
fellow:土持正(土持矯正歯科医院院長)
fellow:金俊煕(きむ矯正歯科クリニック院長) 
fellow:小椋幹記(大分岡病院マキシロフェイシャルユニット
fellow:四元みか(よつもと矯正歯科院長)

最新トラックバック

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 舌位とBreastfeeding   by金

口元をリラックスしているとき(安静時)の舌尖(舌の先端)の位置は、上顎の前歯の少し後ろに付いています。しかし、矯正の患者さんでは安静時の舌位が正常な人は少ないです。ほとんどの人は前歯の裏に付いています。

下顎の前歯の歯ぐきあたりまで舌尖が落ちている人は、ほぼ間違いなく、滑舌が悪いです。


なぜでしょう??


理由は色々考えられますが、まずは口の機能の始まりの哺乳から考えてみましょう!

四元先生の乳首を噛んで飲み込むという動きは噛む筋肉の話ですが、実は舌でも乳を搾っています。


Breastfeedingの赤ちゃんでは乳首がのどの奥の方へ、引きずり込まれるようになります(私の子どもは3人みんなBreastfeedingで、時々、小指を口に入れて遊んだことがあります。その時、指がぐぐぐっと、引き込まれるようになったことを覚えています)。

舌は乳首を口蓋に押しつけて、蠕動運動をしながらお乳を搾ります。つまり、舌を口蓋に押しつけて、搾って、飲み込むという動きになります。それに顎も連動しているわけです。舌と顎の協調運動です。

舌が口蓋に付いているということは、舌を常に持ち上げていないといけないわけです。重力に反していますよね。でも、それをBreastfeedingで身につけるのです。

人口乳首ではこれはできません。多くの人口乳首では吸引を主体に哺乳するからです。吸引すると舌は下顎の前歯の後ろに付き、舌位を下げます。(ストローを吸うようにやってみるとすぐにわかります)

舌位が下がる原因はこれだけではないと思いますが、口の機能のスタートのBreastfeedingでトレーニングをしていないと、後で上に持ち上げるのは大変な労力がいるようになります。



自然の摂理はすばらしいと思いませんか・・・・
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。