FC2ブログ

プロフィール

gakuji's fellow

Author:gakuji's fellow
日本の子どもたちの健やかな成長を願う口腔保健の専門家の集いです。
Boss:伊藤学而(鹿児島大学名誉教授)
fellow:坂下玲子(兵庫県立大学教授)
fellow:土持正(土持矯正歯科医院院長)
fellow:金俊煕(きむ矯正歯科クリニック院長) 
fellow:小椋幹記(大分岡病院マキシロフェイシャルユニット
fellow:四元みか(よつもと矯正歯科院長)

最新トラックバック

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 哺乳も学習?   by 金

春休みが終わり、時間ができてきましたので、アップ再開です。

さて、生まれてすぐの赤ちゃんはすぐに哺乳ができると思われていますが、実際はそうでもありません。初産では最初は母乳が出にくいこともありますが、二人目、三人目になると最初から母乳はそこそこ出ることもあります。でも、赤ちゃんは最初からすぐには上手に飲めません。

 なぜでしょうか?

私なりの考えですが、哺乳にも学習が必要なのです。お母さんの乳首は大きさ、長さ、母乳の出やすさなど、お母さんごとにみんな違います。お母さんの乳首に適応しないと生きていけません。その適応期間が約1週間で、その間赤ちゃんの体重はわずかに減少します。赤ちゃんに優しい病院では10%程度の減少は許容します。

逆に言えば、赤ちゃんが哺乳に関して学習するから、哺乳瓶哺乳ができます。乳首を変えても新しい乳首に適応してくれるのです。私は唇顎口蓋裂の赤ちゃんの哺乳指導を行っていますが、口蓋床(ホッツ床)を入れると、哺乳も流し込みタイプの乳首から咬合型乳首に変えるように指導します。大変な作業ですが、健常な赤ちゃんは頑張って飲めるようになってくれます。

口を動かさなくても飲める乳首から、頑張って筋肉を動かさないと飲めない乳首へと変更ができるわけです。逆はもっと簡単ですので、乳房哺乳から哺乳瓶哺乳へは簡単に変更できますが、逆は難しいですし、やるには相当に努力が必要になります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。